八戸が嫌いだったんじゃなくて、自分が嫌いだったのかもしれない

田舎が嫌いだったんじゃなくて、自分が嫌いだったんじゃないか」という記事がたまたまタイムラインに流れてきたので読んでみたんだけど、これがなかなかハッとさせられる内容で非常に面白かった。

僕は高校卒業まで八戸に居たんだけれど、高校生活がそれはそれはもう退屈でとにかく東京に出たいと思い込んでいた。毎日の楽しみは部活か体育の授業くらいしかなくて、いつしか普通の授業もサボってダイエーかオメガに入り浸る日々だった。そんなダメダメな高校生でいつも自己嫌悪していたように思える。。

高校2年くらいで進路を考え始める時期に、周りにああなりたいと思えるような大人が居なかったというのもあるのかもしれない。今でもそうなのかもしれないけれど、周りからは不況で良い仕事もないし給料も安いから公務員試験を受けて市役所にいけと良く言われていた。退職金の話なんてずっと先のことを高校生に言われても何も刺さらないのに、やりがいとか社会意義とかもっとポジティブに言ってくれよと今なら思う。

八戸に住んでいた学生の頃を思い出すと

学生の時に困っていたのがデートの行き先。遠出するような足がないので「とりあえず街に行こう」っていう流れで出るんだけど、映画を観にテアトルに行くかカラオケに行くか、あとはゆりの木ボウルかギガパレスくらいか。その当時でもやっぱり娯楽施設があんまりなくて、今はもっと少なくなってるっていうから八戸の中高生は何をして遊んでるんだろうと不思議に思う。喫茶店でモンストとかやってんのかな。

大人になってからラウンドワンなんかに行ってみると、僕らの学生時代にこんなとこがあったら1日中入り浸るだろーなと思って遊んだ記憶がある。地元でそういう意見なんかとっくに挙がってるんだろうけど、誘致できてないってことは単純に市場的に旨味がないからなんだと思う。ベンチマークして自前でそれっぽいものを作った方がもはや早いのかもしれない。

来月できる八戸ブックセンターには期待している側ではあるんだけど、僕自身が昔から活字を読まない人間なので、学生だったらなおさら興味が持てていないかも。人生の役に立った本と言われれば、スラムダンクであり最近だとキングダムだったりで基本は漫画になってしまう。ちょっと前も同級生が作家になってて賞を取ったんだけど、本は買ってもなかなか読まない。。

漫画の話でちょっと脱線

僕は昔から漫画が大好きで、大人になった今でもメジャーな週刊誌は一通り読んでる。八戸出身といえば花沢健吾さんが漫画家として有名で、ボーイズ・オン・ザ・ランとかアイアムアヒーローは映画化もされてるので、八戸はもっと漫画にフォーカスしてもいいんじゃないかなと個人的には思ってる。ルサンチマンなんて八戸が舞台にガッツリ出てくるし、10年以上前の漫画なのにVRでAIと恋をするなんて今流行りかよと。

最近ハンター×ハンターを最初から読み直して大幅に睡眠時間を削ってしまったんだけど、ビールが飲めてレベルEが全巻揃ってたらその場所にしばらく入り浸る自信がある。なんか思いつきだけどキュレーターを公募して、街の人がオススメする漫画を置いて読んだ人がコメント残せるみたいな、ソーシャルコミュニケーションとリアルな場と人が集まるコミュニティを作っても面白いのかも。カレー屋のCoCo壱番屋が4000冊とか漫画を置いて繁盛しているなんて話もあるので、案外中心街への集客としてはバカにできないなと。

大人になってからの話に戻すと

学生時代は嫌で仕方がなかったはずなのに大人になってから地元に帰ると、実は八戸にはとても良いところが多かったなと後から気づくことが多い。八戸以外の色んな地方に仕事で行く機会が多くあったんだけど、同じ地方都市でも八戸はかなり恵まれている方なんだってこともわかった。

田舎には選択肢がない、とずっと思っていたけれど、そうじゃない。自分なりの価値基準を持って何かを選んだことがなかったから、何を選んでもその価値を判断できなかったのだ。都会的という分かりやすい価値でしか物事を測れなかったのだ。

世界を狭く、閉ざしたのは、本当は他ならぬ、自分だ。

そこにあるものを、もっとそのままに、楽しめばよかった。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-0i9a8226isumi

これはまさにその通りで、僕も学生の頃は閉塞的なマインドで価値基準を持っていなかったんだと思う。大人になると色々な経験を積んで、多様な価値観の元で八戸という街の魅力が見えてくるんだけど、学生時代にその良さがわかるかと言われると正直難しいのかもしれない。

八戸の課題を考えてて色々と

僕らはまさに外に出て行ってしまった人間なんだけど、八戸のこれからの課題ってなんだろうと思ってググったら、八戸市都市計画マスタープランのWEBページが引っかかって資料を読み漁ってみた。議事録の前置き長えなとちょっと思ってしまったんだけど、発言の内容とかは結構面白かった。人口減ってくるし課題もたくさんある中で、八戸らしさを出しながら変化し続けていかなきゃいけないんだと思う。

僕は経営者なのでどうしても数字が気になるところなんだけど、プランの策定とか見直しとか検討するみたいなものはあんまり入ってこなくて、結果どこを目指すのかっていうのが先に欲しいかなとちょっと思った。例えば八戸市は今後10年で人口を30万人に増やすって言い切っちゃうとか。KPIを先に出す感じで、そこから人口増やすにはこんな施策が必要で、こんな方法が他の自治体で成功しててとか、目標ありきで案を出していくと面白いんじゃないかなと。

出て行った人を呼び戻すのも、出ていかないようにするのも、また他の地域から来てもらうのも本質は一緒で、人を引き寄せるためには「熱量」が必要なんだと思う。熱量が高いところには人が集まってくるし、またその熱量を生み出すのも人なんだけど、中心にいる人たちはエネルギーを燃やし続けなきゃいけないのよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です