八戸市のスポーツビジネスでの地域活性化について

先日ヴァンラーレ八戸が関東圏で試合をしたJFLの開幕戦を実際にスタジアムに足を運んで観戦しました。また少し前になりますが天皇杯の試合も実際に観戦していたので、色々と思ったことを書いていきたいと思います。

どちらの試合も負けてはしまったものの出身地のサッカーチームということで、応援にも自然と熱が入り純粋に楽しめました。サッカー観戦自体あまり経験したことが無かったのですが、スタジアムの雰囲気がとても心地良かったのが何より印象に残りました。

八戸にもサッカースタジアムが欲しい

2013_0051
天皇杯が行われたニッパツ三ツ沢球技場は観客席とフィールドの距離が近く、相手の日本代表選手のプレイなんかも間近で見れてかなり臨場感があり、狭いながらも一体感のあるスタジアムでした。

また先日JFLの公式戦が行われた味の素フィールド西が丘は、アットホームな雰囲気で天気が良かったというのもありましたが、まるでピクニックに来たかのような感覚でした。

個人的には駐車場もあり市街地にも近い長根運動公園を改修して、ちゃんと観客を収容できるスペックの総合スポーツ施設にしてもらいたいんですが、予算とか市政の状況もあると思うので簡単にはいかないだろうなぁと。

※追記
このサイトでだいぶ前に書いたことですが、ダイハツスタジアム(多賀多目的運動場)ができましたね!ネーミングライツが年間206万円って結構安いなって思うんですが、八戸でサービスを展開するときはこういうの利用すると、ネームバリューが浸透しそうですよね。

豊富すぎるスポーツコンテンツ

それにしても八戸市で開催可能なスポーツコンテンツは豊富で、ヴァンラーレ八戸のサッカー、青森ワッツのバスケットボール、東北フリーブレイズのアイスホッケーと他の地域では無いくらい非常に充実していると思います。

またメダリストを輩出しまくっているレスリングも有名で、高校野球は八戸学院光星が全国的な強豪になってますし、バトンなんかも凄いですよね。(他にもありそうだけど思いつかなくて。。)

様々なスポーツビジネスの形

実は昔、スポーツビジネスでの地域活性化プロジェクトに少し関わったことがあって、地域の人たちを元気にするという大義名分もあるのですが、きちんと運営団体が持続的に収益を上げられる仕組みを作って、ビジネスとして成立させる為の取り組みを行ったことがあります。

スキームの詳細まで書くと長くなるのですが、スポーツチームの冠を使って販路拡大や新規顧客開拓を進めていく形で、レベニューシェアのような契約にして営業利益の数%を運営会社に支払い、成果をベースにしてやるところに面白みがありました。

こういったスポーツビジネスの取り組みは色々なところで行われていて、例えば福岡ではソフトバンクが野球チームを買った時に、儲かった利益はチーム強化につぎ込みますと宣言した日なんかは、ネット回線の申し込みが殺到したとかそんな話も聞いたことがあります。

八戸にはビジネスチャンスが多い

これだけスポーツコンテンツがある八戸は、ビジネスチャンスもたくさん転がっていてそれを具体的な形に落とし込むことで、活性化にも繋がり色んな相乗効果をもたらす可能性があります。

今回はちょっと漠然とした記事になっちゃいましたが、スポーツ観戦した後は市街地に飲みに行く人も増えるでしょうし、子供たちにスポーツを教えるスクールが増えたりと、スポーツビジネスには様々な副産物的要素があるので、今の八戸はビジネス的にも面白いんじゃないかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です