アウトソーシングの拠点として八戸の強みとはなんなのか

昨日たまたま沖縄でアウトバウンドのコールセンターをやっている社長と飲んだのですが、ふと八戸ITテレマーケティング未来創造協議会の話を思い出したので、今日はアウトソーシング拠点としての八戸について触れていきたいなと思います。

いわゆる労働集約型ビジネスというやつ

地方で手っ取り早く雇用を増やすには労働集約型ビジネスをどんどん誘致していくと、あっという間に雇用が生まれます。地域によっては立地協定を結んで人件費を丸々補助してもらっていたり、事務所家賃や通信費の助成金などもあります。

昨日話していた会社なんかは、沖縄で事業所を開設する際にアウトソース元から先に拠点開設費用を一部貰っていて、さらに手厚い助成制度もあったみたいでかなりローリスクで事業を拡大できたようです。

もちろん労働集約型ビジネスの問題点も沢山あって、単純にコストだけを見ると海外にアウトソースした方が安いですし、アウトソース元が縮小や倒産すると当然仕事も無くなります。製造業の工場とかと一緒ですね。

八戸の強みを持つ

step04
企業誘致イベントの八戸セミナーに参加して話を聞いたことがあるのですが、日照時間が意外と長いとか都市圏へのアクセスがいいとか八戸の強みは色々あると思うんですが、他の都市にも電力が安いとか地震リスクが低いとかそれぞれ強みがあって、一概に優位性があるとは言えないんじゃないかなと思います。

また労働集約型のビジネスは実はどこでやってもメリットとデメリットがあって実態はそんなに変わらないので、外部環境だけで差別化を図るのは難しいんじゃないかなと。

そうするとソフト面、つまり技術特化した人材や経験、ノウハウの蓄積が必要で、例えばアウトソーシングでもリサーチビジネスなんかは伸びてますし、ソフト開発とかだとiOS、Androidアプリ技術者なんかはどこにいっても枯渇してるので、そういった類に特化した人材育成に力を入れると面白いんじゃないかなと思っています。

人材育成と継続的な仕組み

石巻のイトナブなんかは全国的に見ても面白い取り組みだと思いますし、同じように八戸から優秀な人材が継続的に輩出される仕組みを作っていくと、それ自体が八戸の強みに繋がるような気がします。

単なるアウトソーシングの拠点で終わってしまうと未来はあまり明るくないかもしれませんが、経験豊富な人材が沢山いたり特定分野に強みを持っていたりすると、それ自体が他の地域との差別化になるでしょうし、自分達でプロダクトを生み出せるようになってくると八戸発のサービスがどんどん増えたりして色々な相乗効果があると思います。

自分もこれまでITとかアウトソースビジネスをやってきたので、たぶん八戸の産業に対して関わってくるところはこの辺なんじゃないかなーとひっそり思っているので、今日はこんな感じの記事を書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です