企業誘致の流れを実際に間近でみて感じたことと現状についての反省

超久々の投稿、大変ご無沙汰しております。今日はここ2年くらいの考えていたことと、そしてこれからのことと色々と整理してみたいなと思ったのでつらつらと書いていこうかなと思います。

企業誘致の流れを実際に見て

だいぶ前になってしまいますが、八戸に事業所を出した社長からランチをご馳走になって色々な話を聞きました。会社もちゃんと儲かっていて、ビジネス戦略の選択肢として八戸で事業展開をすると。そこにはちゃんとしたロジックがあって、八戸の街を元気にしましょうよっていう思いもあって、そしてお金も出すよと。

これ凄い大事なんじゃないかなってその時思ったんですが、単発的なイベントとかじゃなくて継続的な戦略の上で、実体のあるビジネスの投資活動をすることで、それが結果的に活性化に繋がるんじゃないだろうかと感じたわけです。

気づきからの自分への省み

S001_megane0120140830145829
その頃はまだ青森に関するイベントのお手伝いとかもたまにやってて、でもそれが様々な課題や問題の根本解決には全くならないような気がしていて、これって何のためにやってるんだろうなーという気がしてました。

一生懸命やってる方々には失礼になってしまうかもしれないんですが、自分がやるべきことはコレじゃないなと。自分の実業を大きくして、まずは事業投資できる状態にすること、また外に仕事が振れる状態にすることなんじゃないかなと思って、2つの事業を成長させることに注力してました。

おかげで超絶忙しくなってサイトも更新できず(言い訳)、イベントや集まり的なものにも一切顔を出さなくなっちゃって、去年なんかはほとんど休まないで土日も仕事したりしてました。

最近はちょっと落ち着いた

去年やばいくらい忙しくなっていった中で、人も増やしてフローも整えて、今は僕もある程度は体を空けることができるようになったので、久々にサイトを更新してみた次第なのです。

今やってる事業は2つとも渋谷でやってますが、一部は切り分けて東京じゃないところで作業をすることができます。実際に家庭の都合で山口県に引っ越したうちの社員は、山口で東京と変わらない状態で今日もリモートで仕事をしてたりします。

そんなこんなで、今はいろいろと準備が整ってきたなと。ただし、八戸で展開するとしたらいくつか問題があって、そこがクリアにならない限りは難しいぞと思っているところなのです。

ビジネスを八戸で展開できる準備ができてきた

※追記
これはまた別記事でちゃんと書こうかなと思っているのですが、八戸で事業をやりたいと言い続けてきたところ、ちょっとしたきっかけがあって実際に法人を作ることになりそうです。八戸に帰るのに経費で帰れるーなんてふんわりした感じではないので、ちょっと覚悟を決めてやらなければならないなと思っています。頑張る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です